我が子が「いじめ」に遭っても対応してくれない学校へ。とあるお母さんが実践した対処法に称賛の声


どの時代も切って切れない子供のいじめ問題。

近年ではSNSやLINEでのグループいじめが流行していますが、中でも学校で暴力行為に及ぶ例も少なくありません。

もし自分の子供がいじめのマトになってしまったら、家族は何がしてあげられるのか・・・。

いじめっ子の保護者や学校に訴えるもののまともに取り合ってもらえる例も少なく、さらにいじめがエスカレートしてしまうなんて話も聞きますよね。

今回は、実際に息子さんがいじめに遭っていたというお母さんがTwitterに投稿した対処法をご紹介します。

その的確な判断と、子供に泣き寝入りをさせない衝撃の方法が話題を集めています。


いじめに遭う我が子





投稿してくれたのは、Twitterユーザーのぬえ(@yosinotennin)さん。

以前学校でいじめに遭っていたという息子さんは、特定の生徒に殴る、蹴るの暴力を受けていたそうです。

そこで一度学校に解決の申し入れをしたぬえさんでしたが、学校からの回答はとても信じられないようなものでした。
「精神的に幼い子なのです。

成長を見守ってやってください」

問題を後回しにされ、うやむやにしようとする学校の対応。

このような学校側の対応が原因で最悪な結果を迎えてしまったケースが数多くあるにもかかわらず、学校側はいじめの事実を隠すことに必死になるのです。

そこでぬえさんは、次に殴られて帰ってきた息子を連れて、ある行動を起こすことにしました。


いじめの対処法



それがコチラです。









ぬえさんの対処法とは、殴られた子供を連れ病院に連れて行くというものでした。

そして診断書という証拠を手に入れてから、学校側に直接訴えに行くという方法。

「警察や弁護士なんて大げさじゃない?」

そう思うお母さんもいらっしゃるかもしれませんが、「暴力=傷害」なわけですから当然の権利ともいえるでしょう。

この対処法に、ユーザーからは称賛の声が集まりました。















いじめをしている子供の親は、ほとんどが無関心といいます。

さらには「自分の子供がそんなことをするはずがない」などと逆ギレする親御さんもいるのだとか。

人を傷つければ子供だからですまされないという事を、親にもいじめっ子本人にもわからせる必要があるのです。

学校に対し逆ギレをするような親には、さらに上の権力者を連れて対応されることをお勧めします。

最近では手は出さずに精神的ないじめをされるというパターンもありますので、すべてのケースで使用できる物ではありません。

ですがまずは身近な人を信頼して打ち明ける事が大きな一歩です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>