「こんなクズ産むんじゃなかった」ゲームばかりしている息子へ。母親の投書に対する回答が秀逸すぎる話題に


日々成長していく子供を見るのは嬉しい反面、その年ごろならではの悩みも尽きませんんよね。

しかし心配の裏側には我が子への愛情があり、大切だからこそ悩んでしまうのが親というものです。

しかしそんな中で、読売新聞の「人生案内」に投書された質問にひときわ目を引く文章がありました。

「こんなクズ産むんじゃなかった」

40代のシングルマザーからの投書で、中学3年生の息子さんがスマホゲームばかりしているという内容でした。


「こんなクズ産むんじゃなかった」




40代の会社員女性。シングルマザーです。

中学3年生の息子がどうしようもなくて、嫌になります。

高校3年の娘は大学受験に向け、親の私が驚くほどに熱心に勉強しています。

それに対し、息子は部活を辞めさせられて以来、スマホのゲームばかりしています。

同居する私の母親が息子のことで私に小言を言い、私は怒りを10倍にして息子にぶつけ、ケンカになる。

いつも、この繰り返しです。

将来、こんな調子で定職に就かず、家でごろ就かれても困ります。

息子を私の人生から抹消したいとさえ考えます。

本人にも、「こんなクズ、産むんじゃんかった」と言います。

一時は、息子の人生は息子が決める、私は明るくしてさえいればいいと、自分に言い聞かせていました。

でも、こんな日々がいつまで続くのかと思うと、今、更生させるべきなのかと悩みます。

女手一つで二人のお子さんを育て、更に両親との間に板挟みになっているこの女性。

どんな事情かは分かりませんが、部活を辞めさせられたという背景から、息子さんが反抗している様子も見て取れますね。

育児と家事の両立、そして両親との板挟みの状況によほどストレスが溜まっているのではないでしょうか。

しかし息子さん本人に「こんなクズ産むんじゃなかった」といってしまうのは・・・。

そしてこの女性の相談に対して、大学教授の回答が秀逸すぎると話題を集めています。


親の思い通りに育たないもの




子供は必ずしも、親の思い通りに育たないものです。

さりとて自分の人生から息子さんを抹消したいとは尋常ではありません。

「こんなクズ、産むんじゃんかった」とまで母親から言われて、よく息子さんは耐えていると思います。

お手紙には、部活を辞めさせられたと書かれています。

事情がよくわかりませんが、高校受験か何かを理由に、息子さんの意思とは無関係にやめさせられたのでしょうか?

そうでしたら、気持ちの整理がつかないのは当然です。

しかも、家の中では、対照的に優等生のお姉さんが輝いていて、

自分をめぐって祖父母の小言が飛び交い、母親からは存在を全否定されているのです。

唯一の逃げ場がスマホのゲームになっているのだと思います。

あなたはすでに息子さんを精神的に抹消しているのと同然です。

まず息子さんへの接し方について率直に謝ってください。

今、何を考えているのか、何をしたいのか、じっくり聴いてください。

娘さんと比べることはやめて、息子さんの良いところを探してください。

この先、引きこもったり暴力を振るったりするほど追いつめないために、即刻あなたの心と態度を改めるべきです。

女性の相談に対し、息子さんはよく耐えていると回答した大学教授。

姉と比較され、祖父母からは小言を言われ、母親からはずべてを否定されている息子さん。

これでは精神的に抹消されているのと同じであり、息子さんがスマホゲームに逃げ場を求めてしまうのも無理はありません。

母親の「将来息子がひきこもったり、暴力を振るったりするのが心配だから更生させたほうが良いのか」という相談に対し、そうならないために改めるのは母親のほうだと締めくくりました。

この息子さんの心情を的確に表したこの回答へ、称賛の声が集まりました。













コメントの中ではこの母親に対し批判の声が多数挙がりましたが、中には「事情も分かる気がする」との声も寄せられています。

一人で二人の子どもを育て、同居している親からは小言を言われ、肩身の狭い思いをしているはずです。

間違っても自分の子供に対して言ってはならない言葉ではありますが、しわ寄せを息子さんに向かわせることしかできない母親もまた被害者なのかもしれません。

女性にとって最も不幸だったのは、その考えをたしなめ、導いてくれる存在が身近にいないことではないでしょうか?

この的確な回答が相談者の元に届き、考え方を見直すきっかけになることを願ってやみません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>