「今日の朝食は私持ちです」飲食店の女性が消防士へ綴った心温まるメッセージ。この優しさが彼女の元に奇跡を届ける


アメリカ・ニュージャージー州で、消防士として勤務しているティム・ヤングさんとポール・ハリングスさん。

この日夜勤のために出勤していた彼らは、とある倉庫の火災通報を受け、現場に駆け付けました。

幸いにも犠牲者が出ることなく炎は消し止められ、2人は食事をとるために「レストラン ダイナー」を訪れます。

消火活動を終えた直後ということもあり、店内で非常に疲れた様子を見せる2人。

その上多忙な勤務に追われた彼らはまともに食事をとることもできず、気が付けば朝5時半を迎えてしまっていたのです。


彼女のメッセージ





そんな彼らの会話を聞いていたのは、このレストランでウェイターとして働いているリズ・ウッドワードさんという女性。

そして自分の街を、そして人を守るためにハードな勤務をこなす彼らへ、優しさ溢れる行動を起こしました。

ティムさんとポールさんが会計のためレジに向かうと、伝票にはこのようなメッセージが書かれていたのです。


今日の朝食は私持ちです。

みんなのために、普通なら逃げなくてはならない場所へ入って行ってくれてありがとう。

2人の役目は知らないけれど、とても度胸と勇気のある強い人たちだと思います。

毎日、本当にありがとう! 勇気を貰える、お手本のような存在です。

しっかり休んでください!

リズ

彼女の私欲を感じない行動と心温まるメッセージに感動した彼らは、この出来事をFacebookに投稿することにしました。

「みんなここで食事をして、リズという女性にチップを沢山あげて下さい。」

そして彼女の優しい行動が、この後思いもよらない出来事を引き起こすのです。


広がる優しさ





リズさんからの行為に感動したティムさんとポールさんは、のちに彼女の父親の事情を知ることとなりました。

リズさんの父親は四肢麻痺により、5年もの間不自由な生活を余儀なくされていたのです。

そのため父親の車いすも乗車できる車を購入するために、募金ページを設立していました。

そこで彼らは再びFacebookへ彼女の事を投稿し、リズさんの募金ページへの募金を呼び掛けてくれだのです。
「俺たちに食事をおごってくれたこの女性も、また助けを必要としているみたいなんだ!」

するとこの投稿は瞬く間にシェアされ、わずか数日で車の購入代金を大きく上回る募金が集まりました。



はるか昔から、「自分の行いは自分に返ってくる」という風に言われていますが、まさにリズさんの心優しき行動が多くの優しさを生み出す結果となりました。

今回の出来事に対し、リズさんはこのように語ります。
「私がやったのはただ単に朝食代を払っただけで、笑顔しか期待していなかったのに。

お互いに優しくすること、本当に小さなことでも人生を変えることがあることがわかった」

そしてリズさんの家族もまた、彼女の心遣いによってつながった人々の優しさと、このきっかけを作ってくれた消防士に感謝しているといいます。

たった1人の女性から始まった優しさは、最後に多くの人を巻き込み優しさの輪が広がりました。

誰かの心遣いによって救われる人がいるのです。

このような気持ちをいつまでも忘れずにいたいものですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>