「息子の嫁が全部悪い?」嫁に突然離婚を切り出された息子。相談をした母親に対する回答が的確過ぎると話題に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嫁に突然離婚を切り出された息子。

しかし息子さんは復縁を望んでおり、「自分は親としてどう支援していくべきなのか」という相談が届きました。

しかしその相談は、読み進めていくにつれて不穏な空気が漂ってきます。

「嫁の姉には離婚歴が」

「背後に男の存在」


このようなワードを並べ、あたかも息子さんは何も悪くないと信じて疑わないお母さん。

母親であれば子供を信じたい気持ちはわからなくもありませんが、すこし行き過ぎな気も・・・。

そこで最相 葉月さんが母親に宛てて回答したその内容が的確過ぎると話題になっています。


息子の離婚は嫁が全部悪い?




突然離婚を切り出された息子

60代の主婦。

嫁が息子に離婚を求めてきましたが、息子は関係修復を希望しています。

親としてどう支援すべきか悩んでいます。

嫁は孫娘を出産後、保育園に預けて職場に復帰しました。

ところが今夏、孫娘を連れて実家に帰ってしまったのです。

嫁だけに家事や育児の負担がかかっていると不満があるそうです。

その後、「離婚してください。」と一方的に言ってきました。

息子が帰るように説得しても聞きません。

息子は性格が穏やかで、今まで大声でどなったことなど一度もありません。

家事や育児に関しても、できるだけやっていたのは、私から見て取れました。

嫁には、2度の離婚歴がある姉がいます。

私は、嫁の背後に男の存在を疑いましたが、証拠らしきものは見つかりませんでした。

息子は嫁と孫娘を愛しています。

心が日に日に陰ってきているようです。

できる限り早いご回答をお願いします。

(千葉・T子)



離婚を切り出すくらいですから、よっぽどの原因があったのではないかと推測されます。

しかしお母さんの質問の内容は、まるですべてお嫁さんが悪いかのような口ぶり。

娘さんを保育園に預けられていたという事は同居でないように思えますが、息子さんが家事・育児をやっているのを見て取れたとは一体どこを見ての事なのでしょうか・・・。

少々疑問の残るこの相談内容に対し、ライターの最相葉月さんはこのように回答しました。

その内容に、読者の多くが賛同し共感の声が集まったのです。


母親への回答




できる限り早く回答がほしいとのことなので、急いでお答えします。

支援は一切不要。金論際、あなたはこの問題に口を出さないでください。

以上です。

お怒りでしょうね。

真面目に相談しているのにまるで他人事。

息子が心の病気になったらどうするの。

サイショーは回答者の資格なし。

そんなクレームを思わず想像してしまいます。

だってあなた怖いんですもの。

「背後に男の存在」だとか「2度の離婚歴のある嫁の姉」といった表現は、嫁に非があると言わんばかりの印象操作ですよ。

なぜ息子さんが優しく、大声でどなったことなど一度もない人間になったのか考えたことはありますか。

息子さんが何か言ったり感情を表したりする前に、いつもあなたが先回りして代弁していたからではないかと私は思います。

お嫁さんは、そんなあなたに何も言えない息子さんに愛想を尽かしたのでしょう。

もちろんこれは想像ですが、的外れとまではいえないのでは。

夫婦には夫婦のプライバシーがある。

たとえ母親でも、首を突っ込むのはマナー違反です。

息子さんに会うのはしばらく控え、そろそろ真剣勝負させてあげてください。

母親の質問に対し、最相さんが導き出したのは「何もしない事」でした。

最相さんの言う通り夫婦には夫婦しかわからない問題があり、母親と言えども第三者が入ることにより話がこじれてしまうこともあります。

息子さんにとってはもちろん大切なお母さんなのでしょう。

ですがお嫁さんからしたら、お母さんは「他人」です。

ましてや一方的に息子さんしか擁護しない母親が間に入ったとなると、火を見るよりも明らかでしょう。

夫婦の問題を他人が解決したところで何の意味もありません。

これから添い遂げる気持ちと覚悟があるのであれば、それは息子さん本人が何とか向き合っていかないといけない問題ですね。

この最相さんの的確過ぎる回答に、ユーザーからは賛同のコメントが集まっています。















このキッレッキレの回答をしてくれた最相 葉月さんはノンフィクションライターとしても活躍されており、多くの著書も出版されています。

もし気になられた方は、ぜひお手に取ってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>