飼い主によって「犬肉用ドックファーム」に売られた犬。食肉となるのを待つだけの犬に救いの手が差し伸べられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアの一部区域で、当たり前のように行われている犬や猫の食文化。

「牛や豚はよくてなぜ犬がいけないのか」

いまだに議論が交わされるところではありますが、はるか昔から人間に寄り添ってきた犬を食用にすることはやはり否定的な意見が多いです。

そして今回、この犬食文化が根強く残る韓国で、驚くべき出来事が発生しました。

なんと元々人間に飼われていた犬が、食肉用としてファームに売られたというのです。


犬食ファームに売られた犬





狭い檻に閉じ込められ、悲しい表情を浮かべている「リリー」と「ピンチ」。

韓国で暮らす家族の元で、幸せな生活を送っていくはずの二匹がなぜこんな姿に・・・。

なんと、飼い主の「もういらなくなった」という身勝手な理由で犬肉用ドッグファームに売り飛ばされてしまったのです。

信頼していた飼い主に裏切られた二匹を待っていたのは、狭い檻でただ餌を与えられるだけの不衛生な環境でした。



劣悪な環境に追いやられ「食肉」となるのを待つしかない絶望的な状況に身を置かれた二匹。

しかしこの後、二匹の元に救いの手が差し伸べられることとなりました。


二匹の犬に起こった奇跡





もはや食肉になるのを待つしかない二匹でしたが、ここである事が発覚します。

韓国での犬肉の流通は法律で認められていますが、二匹が売られたの肉業者は営業許可を出していない違法な業者だったのです。

そこで動物愛護団体「Humane Society International(HSI)」と地元の愛護関係者がファームを訪れ、このファームにいた35匹の犬たちを救出してくれました。
「ここの生活は過酷なものです。

絶望に満ちた檻の中から、来る日も来る日も仲間が殺されていく光景を目にし、最低限のエサだけを与えられる恐ろしい光景です。」

HSIのスタッフの1人であるデレクター・ケリーさんは、ファームの現状をこのように語りました。

こうして救出された35匹のうち31匹が希望の地「ノースカロライナ・シェルター」へ向け、アメリカへと旅立ちました。


救われた命





ノースカロライナでは適切な医療措置を受けることができます。

「肉」ではなく「犬」として、家族の愛情を受けながら暮らしていくことができるのです。

そう遠くない未来、リリーとピンチが素敵な家族に巡り合う事ができるでしょう。
「彼らは肉ではありません。

普通に犬らしい犬なのです。」

HSIは韓国の食肉流通業者と戦い始めて、これまでに5つの悪徳業者を廃業に追い込みました。

現在では、地元の動物愛護団体の協力もあり、約525匹の犬をアメリカに脱出させています。

信頼していた飼い主に裏切られた二匹の悲しみははかり知ることができません。

せめてリリーとピンチがアメリカで幸せな生活を手に入れることができるよう祈るばかりです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>