【感動】建設現場で保護された子猫。すべてに怯え心を閉ざした子猫が優しい夫婦に出会った時、素敵な変化が訪れる


ある日保護された一匹の子猫。

荒れ果てた生活を送り、すべてに怯え心を閉ざしていました。

これまで誰も味方がいない世界をたった一匹で生きてきた子猫が人の優しさに触れた時・・・。

子猫に訪れた素敵な変化に思わず涙がこぼれます。


保護された子猫





とある建設現場に迷い込んでしまった一匹の子猫。

運よく作業員に発見されたものの、以前まではかなり荒れた生活を送っていたようです。

グラビー」と名付けられた子猫は、セレッカ・バーグさんと彼女の夫の家へと受け入れられることになりました。
「グラビーは親戚の友達が見つけました。

私達がグラビーを迎えに行くまでの2日間、彼女はその人の家で暮らしていました」

セレッカさんが迎えに行った家にはすでに数匹のペットがおり、内気なグラビーはストレスを感じ怯えていたといいます。

そのため親戚はグラビーを受け入れてくれる家族を探しており、そこへセレッカさんが名乗りを上げました。


「私達がグラビーを引き取りに行った時、彼女は非常に怖がっていました。

私達は彼女を獣医さんのところに連れて行き、必要な治療やお腹の虫の駆除をしてもらいました。」

その後自宅へ戻った夫婦は、グラビーのために静かな部屋を用意しました。

新しい家族に迎えられ、これから新しい生活を始める子猫。

夫婦の温かい愛情に触れたグラビーは、家についてから10分後に素敵な変化を見せ始めました。


グラビーに訪れた変化





与えられた部屋でゆっくりと過ごしていたグラビーと夫婦。

すると10分後、グラビーは夫婦の身体に寄り添い始めたのです。
「グラビーは私達の気を引くために、私達を突っついて、すり寄ってきました。

彼女の愛らしい姿に、私達の心は一瞬で溶けました。」



そして心を溶かされたのは夫婦だけではなかったようです。

路上で暮らしてきたグラビーは、本来の姿を取り戻したかのように生まれ変わりました。

部屋の中を歩き回りながら、お気に入りのソファーでまったりとした時間を過ごし始めたのです。



こうして落ち着きを取り戻したグラビーに、夫婦はもう一匹紹介したい家族がいました。


新しい親友





グラビーが新しい環境を完全に受け入れた後、夫婦は彼女に先住猫の「ビスケット」を紹介しました。

始めこそ二匹とも混乱していたようですが、1週間後にはすっかり親友になっていたそうです。

ビスケットはグラビーを自分のベッドに連れて行き、いつも毛づくろいをしてあげているのだとか。

そんなビスケットの優しさに、グラビーはいつも幸せを感じているようです。


「ふたりはいつも一緒にすり寄って、一緒に家の中を駆け回ります。

私達は寄り添うふたりの姿を見ながら、いつも幸せな気持ちに包まれています」

こう嬉しそうに笑顔を浮かべながら語るセレッカさん。

今ではすっかり大きくなった身体を寄り添わせた二匹は、今日も仲良く幸せな生活を送っているのでしょう。

グラビーが優しい家族や親友と出会えて本当に良かったですね。

安全な居場所を手に入れたグラビーに、これから多くの幸せが訪れることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>