【感動】「頑張って、お母さんも」余命わずかなファンをブログで激励した志村けんさん。その内容に涙が止まらない


おそらく日本人ならば知らない人はいないであろう、大御所芸人の志村けんさん。

2月20日に69歳の誕生日を迎える志村さんはその人柄の良さでも知られており、前にも後輩芸人さんにお金を貸した際のエピソードも感動を呼びました。

そして今回ご紹介するのは、一人のファンのために更新されたブログのエピソードです。

ファンという繋がりを超えた、人としての優しさ溢れる文章に多くの人が心を打たれました。


「応援しています」





2015年7月7日、志村けんさんのオフィシャルブログ「Kens BLOG」にえみこさんという女性からコメントが届きました。

書き込まれたコメントには、えみこさんと母の色々な思いが書き綴られていました。
応援しています!

数ヶ月前まで、母とよく、志村さんの話をしては、大爆笑していました。

母は、ドリフターズが大好きで、DVD全部を買い込んで、闘病中の励みにするかのように、1日なん十回も見ては大爆笑してました。

今は、もうまもなく最期がくる自分の力を精一杯振り絞って、病院から応援しています。

おかげで我が家全員、ドリフの笑いに包まれていました。幸せを下さって、感謝です。

私が「アイーン(笑)」とすると、今でも母は、声は出ないのに笑うそぶりを見せてくれる。

もちろん、舞台どころか、テレビも観れる体力が無いので、志村さんに成り代わった私がジェスチャーしてます(笑)

いつまでも、沢山の笑いを届けてください。

えみこ

人々を笑顔にする仕事をしている志村さんですから、このようなコメントは芸人さんとして嬉しいものですね。

すると翌日、志村さんが思いもよらぬ行動を起こしてくれたのです。


えみこさんへ





えみこさんがコメントを送った翌日の事。

なんとコメントを呼んだであろう志村さんから、えみこさんへ向けてブログが更新されていたのです。



ファンの方を大切にすることで知られている志村けんさん。

ファンからのコメントをすべて読んでくれていたことにも驚きですが、その中でえみこさんのコメントを見つけ返事をくれたのです。

えみこさんのお母さんを応援する投稿に、えみこさんご本人からコメントが届いていました。
泣いてます感謝です!!

あ、あ、あ、あ、ありがとうございます!!

まさかタイトルに私の名前が載ってると思わなかったので今、感激しすぎて涙止まらないです!!

母さんが話せてたら、二人で徹夜パーティーしてますよ!!

母さんは、この夏は越えられないと思いますが、このメッセージは、必ず伝えます、絶対!

字は読めないし、上手く伝えられるか解りませんが、母さんは、伝わると自分の手を「アイーン(笑)」て顔に近づけて笑顔しますから(笑)

優しさいっぱいなブログをありがとうございます!!

えみこ

えみこさんの喜びがコチラにも伝わってきて、心温まりますね。

えみこさんのお母さんも喜んでくれている事でしょう。



この2人のやりとりを見守っていたファンからは、続々と感動の声が寄せられていました。
「志村さん優しいです。」

「えみこさん、ファイト!お母さん、笑って笑って元気でいて下さい。笑いは活力ですよね。」

「ますます志村さん大好きです!アイーン!」

「えみこさん、ファイト!お母さん、笑って笑って元気でいて下さい。笑いは活力ですよね。」

「えみこさん、1日でもお母様と長く過ごしてください。えみこさんも、ご体調など崩さないように…」

「言葉って、本当にあたたかいですね。感動しました。」

「志村さんの優しさに胸が熱くなりました。えみこさん、お母様、頑張って!!」

えみこさんのお母さんを励ますものから、志村けんさんへの称賛の声が相次ぎました。

そんな中、えみこさんから志村けんさんへ最期のコメントが送られていました。
志村さん 感謝を改めて伝えます

久しぶりにアメブロを覗きました。
えみこです。

どんな形で、感謝をお伝えしようかすごく迷いましたが、あまり大袈裟にならないようにこちらの方で、さりげなくお伝えしようと思いまして、携帯を片手に今、迷い迷い文字を考えております。
いつかこのコメントを見ていただく事があったなら、幸いに存じます。

このブログで応援してくださった母が、今年の7月30日に永眠致しました。あまりにも突然で、穏やかな最期でしたので、あれよあれよと言う間に、もうすぐ師走を迎えます。
私は今まで、気持ちだけが前を向かず、TVの音すら耳に入らないまま、何となく病んでいましたが、最近、志村どうぶつ園のプリンちゃんを見ながら、また笑顔が溢れている自分が居ます。
沢山の方に支えていただいたにも関わらず、私は母を助けてあげられませんでした。本当に役立たずで、申し訳ない気持ちと後悔の気持ちで一杯です。応援ブログまであげてくださった志村さんにも、大変後ろめたい気持ちで沢山ですが、現状過去に戻るわけにも行かないですね。

どういう形で申し訳ない気持ちをお伝えしようか、すごく考え抜きました。

ただ、最期の一瞬まで、母が穏やかで居られたのは、沢山の笑いにいつも囲まれていられたのが一番の要因であることは間違いないと、今は確信です。そして、こうして今も、自然と日常で笑顔が戻りつつあるのも、バカ殿様や沢山のどうぶつに囲まれている志村さんを、また見始めたからです。母と同じ年齢の志村さん、見るたびに勇気を与えてもらっています。私はまた、介護士として日々を笑いと涙で再開しています。

長文になり、大変恐縮致しますが、いつか本当に本物の志村さんにお会いできる時が来たら、土下座もので感謝の言葉を伝えたい気持ちで一杯です。(笑)
ありがとうございました。

それはお母さんの訃報を知らせる内容でした。

それでも最期の時まで笑顔を絶やさなかったというお母さん。

そしてお母さんが亡くなった後も、笑顔と勇気を与えられているそうです。

人に笑顔を届ける仕事と言ってしまえばそれまでですが、仕事を超えた人と人とのやり取りに胸を打たれました。

えみこさんのお母さんがどうか安らかに眠ってくださるように、そして志村けんさんの益々のご活躍をお祈りしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>