【感動】「人生に初めて意味を感じた」自閉症というハンデを背負った青年が、スターバックスで大人気のバリスタに!


障がい者を積極的に採用していることでも知られるスターバックス。

中でも聴覚障がいを持ったスタックも多く、聴覚障がい者向けの店舗もオープンさせるなど積極的に障がい者の活動に力を入れている企業です。

今回ご紹介するのは、カナダ・トロントにあるスターバックスで働くサムさんという10代の青年。

サムさんがダンスをしながらコーヒーを淹れる姿が注目を集め、今では大人気のバリスタへと変貌を遂げたのです。

そんな彼は、生まれつき「自閉症」という障がいを背負っていました。


自閉症というハンデを努力でチャンスに





カナダ・トロントに暮らす17歳のサムさんは、生まれつき自閉症を背負っています。

”生きる意味が分からない”と毎日を悩み過ごしていたというサムさん。

スターバックスでの勤務が決まった時、「自分の人生に初めて意味があると感じられた」と喜びを表現しました。

しかしサムさんは自閉症の症状んのひとつでもありますが、じっとしていることが苦手です。

当然身体を動かさずにいられなくなる彼は、自分がカウンターに立って働けるとは夢にも思ってもいませんでした。

そんな彼の様子を見たマネージャーのクリスさんは、サムさんにある提案をしてみることに。

この提案がキッカケとなり、彼は周囲から大人気の”踊るバリスタ”として周りから愛されるスタッフへと変貌を遂げたのです。


苦手を得意に





クリスさんからの提案とは、サムさんの短所を個性に帰る素晴らしいものでした。
「じっとしていられないなら、いっそのこと踊りながらコーヒーを淹れれば良いのでは」

サムさんの努力、クリスさんの理解、そして周囲との信頼関係の末に「踊るバリスタ」が誕生した瞬間でした。

そして有名となるきっかけを作ったのは、同じく自閉症を抱えている女性がFacebookに動画を投稿したことです。


「もうすぐ誕生日を迎える私の願いは、この動画が拡散すること」

「より多くのサムのような人たちがチャンスを得る事を願っている。」

この投稿は1万件近くシェアされ、多くの人が彼とお店に称賛のコメントを贈りました。



現代では発達障がいと呼ばれることもあり、子供だけでなく大人になってから診断されたという人も多くいます。

そんなすべての人に勇気を与えただけでなく、自閉症の症状を「個性」に変えることができるのだと証明してくれたサムさん。

もちろん周囲の協力があっての事ではあり、サムさん自身だけではなく周囲で彼をサポートしてくれているすべての人に拍手を送りたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>