【泣いた】亡き親友を探し求め徘徊していた猫。親友の毛の束を見せると・・・その反応に涙が止まらない


長い間、ずっと一緒に暮らしてきた猫の「アレサナ」と「セン」。

一日のほとんどの時間を共に過ごし、一緒に遊んだり、時には抱きしめ合うほどの大親友。

そんな二匹が何よりも好きだったのは、お互いの耳を毛づくろいし合い綺麗にすることでした。

深い絆で結ばれた二匹の仲睦まじさは、誰にも引き離すことができないほどだったといいます。

幸せで穏やかな時間を過ごしてきた二匹でしたが、悲しい別れの時間が訪れることとなったのです。


親友を探して





幸せいっぱいな二匹を引き裂いたのは、アレサナに発症したガンでした。

そして昨年のクリスマスの朝、アレサナは病院で息を引き取りました。

家族は残されたセンに親友が無くなったことを伝えようとしましたが、説明することは叶いませんでした。

アレサナを探し回るセンの姿に、家族は胸が苦しくなり何も言えなかったそうです。

この時のセンの様子について、飼い主のエマ・ピアースさんはこのように語ります。
「もしかするとセンは親友がこの世を去ったことに気づいていたのかもしれません。

センは玄関の隣の窓に座って、何時間も外を見つめていました。

そして、アレサナがいつも過ごしていた部屋を何度も歩き回っていました。」

悲しみを癒したい





エマさんは、なんとかしてアレサナを失った悲しみからセンを救ってあげたいと考えました。

そんな中、エマさんはアレサナの遺灰と足跡と毛の束を受け取ります。

それがセンの傷を癒すことができるかもしれないと考えたエマさんは、アレサナの毛の束をセンに見せてみることにしました。

すると・・・。



アレサナの毛の束にいち早く反応したセン。

鼻を近づけ、そして・・・。


「センは毛の束を見た瞬間から毛づくろいを始め、顔を擦りつけました。」

そう語るエマさんは、センがその毛の束がすぐにアレサナのものだと気づいていたように感じたといいます。

そしてセンがこの事実を受け入れ、前に進む手助けになることを願いました。



その後も何度か毛の束をセンに見せましたが、そのたびに同じ反応を返してくるのだとか。 これから家族の心の準備が整ったら、いつでもアレサナを思い出せるよう、この毛の束を使って小物を作ろうと考えているそうです。
「私達はできるだけ多くの抱擁と愛情で、センに寂しさを感じさせないようにしています」

親友を失った悲しみは、センの心に大きな傷跡を残していきました。

しかし温かい家族に囲まれながら、少しずつその傷を癒していってくれることでしょう。

そう願わずにはいられません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>