【虐待】全身をタールで覆われ瀕死状態の犬、救ったのは2人の男の子だった


タールは、木材や、石炭を乾留して製する黒いねばねばした液体の事です。

これを浴びた部分は動かす事が出来ず皮膚呼吸も出来なくなります。

全身に浴びてしまい、放置すると死にいたってしまうでしょう。

更に中毒性もある事から、全身にタールを浴びた状態から回復しても予断は許さない状況になってしまいます。

今回はそんなタールを全身に浴びてしまった犬のお話をご紹介します。


タールで覆われた犬





場所はアルゼンチンのラヌスの通り。

2人の少年がこの場所を歩いて居る時、タールに覆われた犬を発見しました。

おそらく「前の飼い主がタールの池に投げ込んだのではないか」と言われています。

しかし、確実に分かっている事はこのまま放置してしまうとその犬は間違いなく死んでしまうという事です。

その為、2人の少年はすぐさま犬を助ける事にしました。

少年2人では運ぶのは難しいところではあったのですが、近くに居た警察官が一緒に施設へと連れて行ってくれたのです。

施設に到着したのはいいものの、1つ問題が発生しました。

ここのスタッフも誰も、「どうやってタールを取り除けばいいのかがわからない」状態だったのです。



施設の皆は全員で協力し、インターネットを使い情報を集めました。

そして1つの方法にたどり着きます。

それは「オイル」を使用するという物でした。

オイルを使い、犬の全身を覆っているタールを取り除きます。





この作業は5時間という時間を要しましたが、なんとか犬の本来の毛の色である茶色の部分が見え始めました。

少しずつ、でも確実にタールは取り除かれていったのです。

そして、全てのタールを取り除く頃には5リットルものオイルが使用されました。



タール除去に参加したボランティアのMyriam Ortellado氏はこう語ります。
「私達は、インターネットで沢山の方法を見て、購入して、タール除去に挑戦しました。

しかし、その全ての方法をもってしても、犬からタールを取り除く事は出来なかったのです。

そして、最後の方法としてオイルを使用したのです。

それがなんとかうまくいきましたが、結局5リットルものオイルを使いました。」


綺麗になった犬





施設のスタッフにペトロという名前を授けられた犬。

身体のタールを取り除く事は出来ましたが、まだ1つ問題がありました。

それは「タール中毒」事です。

誤って食べてしまったタールの量が多いのと、耳や鼻孔からもタールが多く入り込んでいたのです。







しかし、心配とはうらはらに順調に回復してくれたペトロ。

その後数週間がたち、ぺトロは現在最初に助けた少年と家族となりました。

今後は愛する家族と一緒に幸せに暮らしていけるでしょう。



最後に、現在ペトロを虐待したとされている前の飼い主を逮捕する為の調査がされているようです。

これからは愛する家族と共に幸せに暮らせるとはいえ、人間から受けた虐待を、受けた身体の傷、心の傷は一生消えません。

人間に怯えず、幻滅せず、新たな一歩を踏み出してくれたペトロの強さと優しさに感謝したいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>