「おじさん、嬉しすぎて泣きそう・・・」道で会うたびに挨拶を交わしていた男の子がくれた手紙の内容に涙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ではあまり見かけなくなったご近所づきあい。

一昔前では子供たちがご近所さんに挨拶をする光景も、今ではその姿を消しつつあります。

ついには防犯のため、子供に挨拶をしないでほしいというマンションまで登場しました。

そんな中Twitterに投稿された、とある男性と小学生のエピソードに胸を打たれた人が続出しています。

職場近くの小学校に通う男の子と、挨拶を交わすようになったという男性。

ある日その男の子から男性へ、一通の手紙が送られたのですが・・・。

お互いの名前も知らない2人がもたらした、心温まるエピソードをご覧ください。


男の子からの手紙



今回ご紹介するのは、Twitterユーザー・既婚男子日記(@kikondanshi)さんのこんなお話し。

いつも職場に向かう途中で会う小学生の男の子。

お互いに名前も知らない存在でしたが、いつしか挨拶を交わす中になった2人。

そんなある日、男性は男の子から1通の手紙を手渡されます。



懐かしい折り方がされた手紙には「おじさんへ」の文字が。

そしてその手紙の内容は・・・。


おじさんへ







とても純粋なケイスケくんの気持ちに、嬉しすぎて泣きそうになったという男性。

確かに、こんな手紙をもらえたら誰だって嬉しい気持ちになりますよね。

勤労感謝の日に渡すつもりがママに叱られたというのも、小学生ならではでほっこりしてしまいます。

そしてこの手紙を受け取った男性は、ケイスケくんに返事を書くことにしました。



こうして悩みに悩んだ末出来上がった手紙がコチラ。


ケイスケくんへ





相手が小学生だからと気取らず、素直な気持ちをぶつけていく男性。

きとこれを読んだケイスケくんも喜んでくれることでしょう。

しかし男性は、ケイスケくんにひとつだけ直してほしぃところがあるようで・・・。





「おじさん!昨日はおくさんとチューしたの?」

確かに、これは恥ずかしいですね(笑)

この心温まる登校に、ユーザーから多くのコメントが寄せられました。















現代では挨拶をしただけで「不審者」として警察に通報されることも少なくありません。

残念なことに、そこから実際に犯罪にまで発展し、巻き込まれてしまった子供たちが存在するのも事実なんです。

どこに悪い大人が潜んでいるかわからないこのご時世で、むやみやたらに話しかけるのは怖いことだととらえるのも無理はありません。

だからこそ投稿者さんのような周囲にいる大人たちが子供たちに気を配り、見守ってあげることが大切なのではと感じます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>