【許せない】家を買ったら地下室に犬が繋がれていた!?暗く寂しい場所で助けを待ち続けた犬の姿に涙


とある日、アメリカ州・ミズーリ州セントルイスで活動するストリートアニマル保護団体「Stray Rescue」に入った1本の電話が入りました。
「新しく家を買ったんだが、そこの地下室に鎖につながれたピットブルがいるんだ!」

通報を受けたスタッフが現場に急行してみると、地下室の階段下からこちらを見上げる1引きの犬の姿がありました。

暗く寂しいこの場所で鎖に繋がれ、ずっと誰かの助けを待ち続けていたのでしょう。

スタッフの姿を確認すると、ちぎれんばかりに尻尾を振ってこちらを見上げていたのです。


救出されたピットブル





興奮して身体全体で喜びを表すピットブル。

そのために呼吸困難になりそうなほどに首に食い込んだ鎖を外してあげようと、スタッフはピットブルの元へ近寄っていきます。

するとその意図を察したのか、おとなしくされるがままに外させてくれました。

こうして自由になった途端、嬉しそうに跳ねまわりスタッフに飛びついてきたのだそう。

この行動から、スタッフはこの犬に「ジャンピング・ビーン(ジャンプする豆)」という名前を付けました。



地下室には水も餌もなく、そんなに長い間放置されていたわけではないことが分かりました。

この家はしばらく空き家となっており、その間浮浪者が住み着いていたことがあったのだとか。

地下室にはその浮浪者が遺したであろうゴミの山も発見されています。

しかしジャンピング・ビーンとの関係があったのかどうかは、現在も不明のままなのだそうです。

ただ確かなのは、ジャンピング・ビーンがとても愛らしく人懐っこい犬だという事です。



誰がどのような経緯でジャンピング・ビーンを置き去りにして行ったのかは何もわかっていません。

人目のつかない暗い場所に犬を繋いだままにするという行為は、決して許されるものではありませんね。

今回はたまたまこのタイミングで家が飼われ、たまたまオーナーさんが地下室にいた犬の存在に気が付いてくれました。

ですがもしこのタイミングがあと数日遅れていたらどうなっていたのかを想像すると、とても恐ろしいことです。

これからジャンピング・ビーンがお日様の下でのびのびと生活ができることを心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>