【泣いた】結婚式の2ヵ月前に亡くなった母から花嫁へ。予想外のサプライズに涙が止まらない


結婚式というのは、新たな人生をスタートさせる門出の日です。

めでたく夫婦になる誓いの日でもあり、両親の元から旅立つ日でもありますね。

今回ご紹介するのは、そんな記念すべき日を控えた1組のカップルのお話しです。

新婦の母を結婚式に呼びたい一心で起こした行動が、逆に母から素敵なサプライズを貰うことになったのです。

娘が母を思う気持ちと、母が娘を思う気持ちに思わず涙がこぼれます。


母を結婚式に呼びたい





結婚式を控えていた一組のカップル。

幸せの絶頂はずのカップルには、一つだけ気がかりなことがありました。

それはガンに侵された新婦の母にも、結婚式に来てもらいたいというもの。

しかし気持ちとは裏腹にガンは進行してしまし、お母さんはとうとう入院することになってしまいました。

一度は結婚式を諦めた夫婦でしたが、どうしてもお母さんに結婚式を見せてあげたいと考えた夫婦。

そこで入院中のお母さんにこんなサプライズの準備が進められたのです。



お母さんを結婚式に呼びたい夫婦が考えたこととは、病院内で結婚式を挙げる事でした。

まず病院で結婚式の準備を進めてくれるプランナーを探し出すと、病院の許可をもらいます。

お母さんには内緒で、着々と準備が進められていきました。

そして訪れたサプライズ決行の日。



娘さんからいただいたサプライズに、優しい笑顔を浮かべるお母さん。

娘さんの新しい人生のスタートを見守ることができ、どんなにうれしかったことでしょう。

お母さんは、叶うことはないと思っていた娘の花嫁姿に涙を流し喜びました。


お母さんからのサプライズ





この結婚式の数か月後に、本来娘さんが予定していた結婚式が開かれました。

その結婚式会場にお母さんの姿はありません。

お母さんはこの結婚式が開かれる2ヵ月前に亡くなっていたのです。

しかし挙式を迎えたふりを待ち受けていたのは、お母さんからの思いもよらないサプライズプレゼントでした。



結婚式場にあるスクリーンに映し出された文字。

次の瞬間、スクリーンには結婚式を終えた後のお母さんの姿が映し出されたのです。



そのメッセージは、周りに沢山甘えさない。

そして、感謝を述べなさい。

最後にありがとうという二人への感謝でした。

娘の幸せを願い、凄く幸せと言う言葉が出たお母さん。



死の間際まで娘の幸せを願い続けたお母さんの愛に、思わず溢れる涙を止めることができません。

きっとこれからもお母さんは二人の幸せを遠くから見守り続けてくれている事でしょう。

こちらのお話しは株式会社テイクアンドギヴ・ニーズというウェディング事業を行っている企業が紹介したものです。

ぜひこちらの動画もご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>