【泣いた】炎の中に5回も飛び込み5匹の子猫を救った母猫。その身が焼かれようとも我が子を助け出した母の愛に涙


アメリカ・ニューヨーク州・ブルックリンの廃工場で発生した火災。

現場に駆け付けた消防隊員が消火活動を行う中、ひとりの消防隊員がある光景を目撃しました。

それは炎の中に飛び込み、5匹の子猫を救おうとする母猫だったのです。

その身が焼かれようとも我が子を助けようとするその姿に、多くの人が心を打たれました。

この真実の物語は、今もなお世界中の人々に語り継がれています。


炎の中に飛び込む猫





1996年3月30日、ニューヨーク州・ブルックリンにある廃ガレージで原因不明の火災が発生しました。

緊急通報を受けた消防隊員たちは、すぐさま現場へと駆け付けると迅速に火を消し止めます。

その間、消防隊員の一人であるデヴィッド・ギアネリさんは、燃え盛る炎の中から子猫を一匹ずつ運び出している猫を発見しました。

子猫たちを安全な場所に避難させた母猫は、子供たちの生存を確認するかのように自分の鼻で一匹一匹触れていきます。

そして全員の無事がわかると、その場で意識を失い倒れてしまったのです。

母猫は全身にひどい火傷を負っており、特に耳は焦げて塞がってしまっていたといいます。

この光景を目の当たりにしたデヴィッドさんは、胸がいっぱいになりました。

そして倒れてしまった母猫と子猫たちを、「North Shore Animal League(ノースショア・アニマルリーグ)」の動物病院に連れていきました。


新たなスタートを





自らの身を挺して子猫を守った母猫は、「スカーレット」と名付けられました。

残念なことに全員無事に・・・とはいかず、一番身体の弱っていた子猫が一匹亡くなってしまいました。

それでもスカーレットは奇跡的に一命をとりとめ、3ヶ月の治療の後に回復していきました。

スカーレットの勇敢な行動は瞬く間に全世界へと広がり、称賛の声が相次ぎました。

里親の募集が始まると、オランダや日本、南アフリカなど様々な国から7000通もの手紙が届いたのです。

子猫は2匹ずつ里子に出され、スカーレットはカレン・ウェレンさんという女性に引き取られました。



カレンさんは特別なケアが必要な動物を引き取ることに人生を捧げていましたが、先日交通事故によって飼い猫を亡くしてしまったばかりだったといいます。


『スカーレット、家族を救う』





カレンさんの元で穏やかに、そして幸せな生活を送っていたスカーレット。

火災から12年後の2008年10月11日、推定13歳前後のスカーレットは虹の橋を渡りました。

スカーレットが運び込まれた「North Shore Animal League(ノースショア・アニマルリーグ)」は、彼女の名前にちなんだ「勇敢な動物のためのスカーレット賞」を創設しました。

他者のためになる英雄的な行いをした勇敢な動物に贈られる賞なのだそう。

そしてスカーレットの勇敢な行動は本にもなり、『スカーレット、家族を救う』という話の主人公として、死から10年経った今も多くの人に語り継がれています。

まさに命を懸けて我が子を救ったスカーレット。

彼女の愛と勇気に溢れた行動に、思わず涙がこぼれます。

どうか安らかに、そして時が来たらまた子供たちと一緒に過ごせることを祈っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>