【奇跡の木】アーモンドに桃に杏子!?1本で「40種類の果実を実らせる木」が凄すぎると話題に


アメリカ・ニューヨーク州シラキュース大学の芸術学科教授を務るサム・ヴァン・アクン博士。

農家生まれだった彼は、当時閉鎖予定だった果樹園を買い取る事に決めました。

その翌年、買い取った植物を集め「壮大な計画」をスタートさせます。

それから5年後、彼の計画は色とりどりに花開く”1本の芸術”へと変貌を遂げたのです。


閉鎖予定の果樹園





2008年、ニューヨーク州農業研究所の果樹園が資金難により閉鎖する事を耳にしたアクン博士。

その果樹園では数多くの植物が育てられており、中には樹齢150~200歳の木々もあったのだそう。
「この果樹園が閉鎖したら、これらの植物はすべて失われてしまうかもしれない。」

そう危惧したアクン博士は、閉鎖予定に合った果樹園を買い取ることに決めます。

そして集められた植物を使い、「全ての果実を一本の木で実らせる」という壮大な計画をスタートさせたのです。


アクン博士の計画





この計画を実行に移したアクン博士。

まず果樹園に合った250種類もの植物をを季節ごとに仕分けると、開花時期を計算して小さなグループで統合を開始しました。

そして2年後にある程度植物たちが育ったところで、「チッピング移植」という方法を用いて木々を統合していきます。

チッピング移植とは、親となる木に子となる木の枝を部分的に移植する方法。

こうすることで、親の木に子の木の果物が実るようにさせる技術です。

移植部分をテープで固定し、越冬させることでチッピング移植は成功します。

これらを繰り返し行っていくことで、40種類もの植物を親木に移植させていったのです。


計画から5年後





5年という歳月をかけ、ついに「40種類の果実を実らせる木」を完成させたアクン博士。

その魔法とも思われる木は、一見ほかの木と変わりません。

しかし春が来ると桃色・白色・赤色・紫色と、色とりどりの花を開かせます。

実りの季節には桃・スモモ、杏子、チェリーを実らせ、夏にはアーモンドまで収穫できるのだといいます。

さらには、収穫できる果実は一般的ではない特殊な品種ばかりなのだそう。

美しいだけではなく「特殊な果物の種を守る」という観点から、この魔法の木は高い評価を受けています。


特殊な種子を守る特別な木





基本的に果物の品種が世に出回る時、果物の寿命・見た目・大きさ・味の順番に審査されるといいます。

そのため、例え「とても美味しい果物」が出来ても、「とても栄養価の高い果物」が出来たとしても、全体でバランスが取れていなければ世に出回ることはありません。

アクン博士によると、現在では20種類近くの魔法の木がアメリカ全土に展示されているそうです。

この木に実った40種類の果実はすべておいしく食べることができるのだとか。

博士の植物への情熱が、40種類の果実だけではなく博士の計画も大きく実らせる結果となりました。

時季によってさまざまな味覚と資格が楽しめる植物、とっても素敵ですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかサイト様更新情報

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>