動物

【感動】飼い主に捨てられ、交通事故で2本足を失ってしまった1匹の犬。辛い境遇だった犬が幸せを掴んだ姿に涙が止まらない!

1: ファニーちゃん 捨てられてしまったうえに足を2本失ってしまった野良犬 中国の山西省にある駅で1匹の野良犬が目撃されました。 その野良犬はシィという名前で、元々は飼い主と暮らしていた飼い犬だったのですが、心無い飼い主によって駅に置き去りにされて捨てられてしまったのです。 突然野良犬となってしまったシィは不安や寂しさを抱えながらも生きるために周辺をうろついて食べ物を探していました。 何とかして生き延びたい…というシィの強い思いがそこにはありました。 しかし、そんなシィに再び悲劇が襲いました。 なんとシィは周辺をうろついている時に線路に入って電車に轢かれてしまい、足が2本になってしまったのです。 大好きだった飼い主に捨てられ、さらに2本の足を失ってしまったシィの姿は見ているだけで本当に辛く言葉が出ません…。 それでもシィは懸命に生き続け、なんとか毎日を過ごしていました。 2本足の犬がいると地元では有名になっていましたが、誰も保護しようとはしませんでした。 例え保護したとしてもきっと飼育する上で負担になって捨ててしまうかもしれない…と多くの人が思っていたのかもしれません。 そんな中、なんとシィは妊娠・出産をして4匹の子犬が誕生しました。 2本足の犬が出産をしたというニュースは中国だけではなくイギリスでも報道され、多くの人達の目に付くようになりました。 そしてこれがきっかけで、シィにある転機が訪れたのです。 ■辛い境遇にあった野良犬は幸せを掴んだ! ニュースで大きく取り上げられたことで、シィのことを多くの人達が注目するようになりました。 そしてそのニュースを見て1人の女性が保護したいと名乗り出てきてくれたのです。 その女性は動物保護団体「アニマル・アジア」の創始者であるジル・ロビンソンさんという方でした。 彼女は中国の動物保護団体を説得してシィとその子犬達を保護するために山西省へ足を運びました。 そしてニュースになった駅の周りを探し、ようやくシィと子犬達を見つけることが出来ました。 
 何とか保護することができましたが、残念ながら4匹のうち3匹の子犬がジスデンバーウィルスに感染しており、治療する前に亡くなってしまいました。 ですがシィと1匹の子犬は動物病院で診察した結果、感染症などにはなっていないことが判明しました。 診察した獣医師によると「シィの足の怪我は本来なら死んでしまってもおかしくないくらいの重症だった」「電車の車輪が持つ熱によって患部が火傷し、それによって傷口が塞がって結果的に止血することが出来た」とのことでした。 そんなシィと子犬は新しい家族の元に引き取られることになりました。 その新しい飼い主さんとなったのが、保護をしたジルさんでした!彼女は2匹同時に引き取ることにしたのです。 そしてシィという名前から「リリィ」という名前に変わり、今は子犬と一緒に幸せな生活を送っているようです。 今回の件を通して有名になったリリィは、現在動物虐待の撲滅するための「動物大使」としてたくさんのキャンペーンに出演しているようです。 今も尚、動物虐待を解決していくために一生懸命活動をしてくれているようです。 色々と辛いことがあったリリィですが、幸せを掴むことが出来て本当に良かったです!

衝撃

【驚愕】飛行機で隣が空席でラッキーと思ったのもつかの間。後ろに座っていた非常識過ぎる男性の行為に激怒

1: ファニーちゃん 飛行機に乗ったら非常識な乗客に遭遇…その行動に思わず唖然としてしまう a ある日、アメリカのサンフランシスコに住んでいるジェシー・チャーさんが飛行機に乗っていた時のこと。 自分の座席に着くと、自分の座席の列に誰もいないことがわかり「ラッキー!」と思いました。 My two favorite people to sit with on a plane pic.twitter.com/L3WqX4nfkJ— Jessie (@jessiechar) July 19, 2017 自分の座席の周りが空席だったため、両隣を気にせずに快適に過ごせそうだとジェシーさんは嬉しくなりました。 そして飛行機が離陸した後、ジェシーさんは列の肘置きを上にあげてベンチ席にしてのんびりしていました。 しかしその時、信じられない出来事に遭遇しました。 Today, I flew on the set of a nightmare. pic.twitter.com/PNI4KmQvTG— Jessie (@jessiechar) July 19, 2017 なんと突然後ろの席に座っていた人が足を伸ばし、勝手に肘置きを倒して足を乗せてきたのです。 あまりにも非常識な行動にジェシーさんは言葉を失ってしまいました。 しかもその後ろの乗客は足で窓のサンシェードを開けたりと非常識な行動を繰り返します。 快適な空の旅になるはずだったのに、後ろの乗客の非常識な行動に様々なコメントが寄せられました。 「これはひどいですね…客室乗務員に注意してもらうレベルですよ」 「私も以前同じようなことをやられました!本当に信じられませんよね」 「もし私がこの場面に遭遇したら本人に直接怒ります。非常識すぎますよ」 というコメントが寄せられていました。 後ろの乗客からしたら「前に誰もいないから良いだろう」と思ったかもしれません。 しかしその列に座っている乗客はいますし、そもそも前の座席に足を乗せるなんて行儀が悪すぎます。 こういった行動をする人を見ると、改めて自分の行動を振り返り、人に迷惑をかけない行動を心がけようと思いますね。

感動

【感動】病棟勤務でなかなか家に帰れずに子供と遊べない母親、母を待つ子供たちが書いた置手紙の内容に感動

1: ファニーちゃん いつも母の帰りを待つ息子とのやり取りに心温まる a 仕事が忙しくてなかなか子ども達に構ってあげられない…そういったご家庭も多いのではないでしょうか? Twitterユーザーのこきあ(@akoako_0923)さんもまた、息子さんが幼かった頃は本当に忙しく、1人でお留守番をさせることが多かったのだそうです。 ある日、その時の思い出の品が見つかり思わず涙が出たのだそうです。 息子からもらった数々のメモが出てきた。懐かしい。日付は12年前当時病棟勤務だった母は息子と一緒に過ごす時間は少なく1人でお留守番が多かったなぁ深夜に帰るとテーブルにメモが置いてあり、洗い物をしてくれていたり、ぬるくなったコーヒーが作ってあったり…寂しい思いをさせたな…なんか涙出た pic.twitter.com/N7HPUByMdC— こきあ (@akoako_0923) February 14, 2018 息子さんからの優しさと気遣いの気持ちがよく伝わる素敵な置き手紙ですね! 忙しくてなかなか構ってあげられなかったと母親は思っていても、息子さんはそんな頑張る母親をよく見てくれていたのです。 この内容を見たネットの人からは… 「働く全てのお母さんがグッとくる手紙ですね…」 「優しさももちろんユーモアがあって素敵な息子さんですね」 「過ごす時間が少なくても、人のことを気遣ってあげられる立派なお子さんを育てておられますね…感動しました」 と賞賛する声が寄せられていました。 子どもは私達大人が思っている以上に体も心も成長しているなというのが改めてわかるエピソードですね。 心温まる親子のエピソードにほっこりしました。

面白

【面白】「パパとママで遊び方はこんなに違う!」子どもと遊ぶパパとママの姿を撮影!その違いに思わず笑ってしまう

1: ファニーちゃん パパとママが子どもと遊ぶ時の違いにクスッとくる! a 親子で遊ぶ時、子どもはもちろんパパやママも思わず一緒に楽しんでしまうことがあります。 その遊び方は様々な方法がありますが、今回海外の掲示板であるRedditに1枚の写真が投稿されました。 それを見た人たちからは子どもと遊んでいる時のパパとママの様子がそれぞれ違うということで話題となっていました。 その写真というのがこちらです。 ママは優しく手を添えて一緒に滑っていますが、なんとパパは豪快に子どもを滑らせています。 子どもの「ひゃ〜〜!」という表情に思わずクスッときてしまいます。 この写真を見た人たちからは… 「息子【パパ〜!僕落ちてるよ〜!】パパ【ははは!可愛いなぁ】っていう感じに見える!」 「私も子どもの頃お父さんに抱えられて思いっきりプールに投げ込まれた思い出があるな…あれはあれで楽しいんだよね」 「実はお父さんって子ども心を忘れてないから、あのように無邪気に遊んじゃうんだよね」 と様々な声が寄せられていました。 もちろんこの息子さんが嫌がっているわけではなく、これはこれで楽しそうな表情にも見えますよね。 なんともほのぼのとする親子の画像でした!

衝撃

【衝撃】「花に見えない、次はもっとわかるように描いて」美術の先生から厳しい言葉を言われた生徒、すると隣に座っていたギャルがまさかの!?

1: ファニーちゃん 美術の先生に絵を酷評されて落ち込んでいたら… a Twitterユーザーのみなみちゃん(@hkrn1116)さんは、夏の思い出としてあるエピソードを投稿しました。 それは中学3年生の頃の出来事で、夏休みの宿題だった花の絵を提出した時のことでした。 その絵を見た先生は「花に見えない、次はもっとわかるように描いて」と酷評したのです。 これもまた先生の評価の1つだとは思うのですが、言い方も冷たかったことから、みなみちゃんさんはショックを受けました。 そして席へ戻るとこのような出来事が起こりました。 中3の時夏休みの美術の宿題で私は花の絵を描いたんだけど、クラス全員の前で教師に「花に見えない、次はもっとわかるように描いて」ってボロクソに言われ落ち込みながら席戻ったら、隣の席にいた当時苦手だったギャルが「はあ?花に見えるじゃんね」と大声で話しかけてくれたことを思い出した、夏だな— みなみちゃん (@hkrn1116) July 18, 2017 なんとそのギャルは自分の絵をしっかり理解して評価してくれたのです。 これにはみなみちゃんさんも嬉しかったそうですが、このギャルはみなみちゃんさんをフォローするつもりはなかったようで… 補足すると、彼女が私に言った言葉は、別に気遣いとか優しさではなかった、ただ彼女が思ったことを言っただけって感じだった、そういうあっけからんと自分の意見が言える人にもらった言葉ほど心強いものはないんだと知った、結局その後彼女とはそんなに接点がないまま学校を卒業した— みなみちゃん (@hkrn1116) July 20, 2017 どうやらこれは優しさから出た言葉ではなく、そのギャルの子の性格だったのです。 自分の意見をサラッと言える人にもらう言葉は心強いと語っていました。 先生の厳しい評価を一蹴して自分の意見を堂々と言える人というのは本当に素晴らしいです。 思わず拍手を送りたくなるエピソードでした!

○○選

【驚愕】顔が2つある男性!?絶妙な角度でされた、みんなの目をあざむいた写真19枚

1: ファニーちゃん 気付くかな??一瞬目を疑ってしまう写真19選!! 一瞬、写真のシチュエーションに目が点になってしまう!!これ一体どうなっているの?と自分の目を疑ってしまうような画像の数々です。そんな二度見必至な写真をご紹介しましょう!! 底なし穴?! 怖ろし~い底なし穴に、今まさに落ちそうな男性が!!でも、よく見るとこのシチュエーションって・・?? 底なし穴?!は、次のページで↓↓

動物

【最高の獣医】「障がいがあるからという理由で安楽死はさせない!」生まれたばかりのラブラドールの赤ちゃんを救った1人の獣医師

1: ファニーちゃん ラブラドールの子犬 ある日帝王切開によってラブラドールの子犬が9匹産まれました! しかし、取り上げた獣医師はこの9匹のうち1匹のオスに「口蓋裂」という障がいがあることに気が付きました。 口蓋裂は人間にもある先天的な形態異常とされており、上の顎と鼻を隔てる部分が裂けてしまっているため、母乳を飲んでも鼻から出てしまって生まれてすぐに衰弱死してしまうことがほとんどなのだそうです。 仮に順調に成長したとしても、固形物を食べた時に裂け目に付着して気管に入って肺炎を起こす可能性があるものでした。 飼い主さんは獣医師からその話を聞くと、この子犬の将来と今後の世話を考えると安楽死をさせた方が良いと申し出ました。 しかしとある女性の獣医師は安楽死させることを簡単に引き受ける気はありませんでした。 その女性獣医師は障がいがあるという理由で安楽死させることに抵抗があり、飼い主には「どうしても安楽死を希望されるなら私がこの子を引き取って育てます」と言い切ったのです。 その女性獣医師の名前はKaffekalleさんといい、この子犬にはブロンソンという名前を付けて育てることになりました。 実はこの日、Kaffekalleさんの30歳の誕生日でもあったため「ブロンソンは神様からのプレゼントだ」と思ったのだそうです。 こうして安楽死を逃れることができたブロンソン…しかしまだ子犬だったため口蓋裂の手術をすることができない状態でした。 というのも手術では麻酔が使われるため、ある程度の成長を待ってから行われるケースがほとんどなのだそうです。 そうなってくると食事面に十分な配慮をしていかなくてはならなくなりますが、獣医師の彼女にとってはどのように食事をさせれば良いかはわかっていました…しかしブロンソンのお世話と仕事の両立は大変なものです。 動物病院に一緒に出勤した後は、1〜2時間置きにカテーテルで気管に入らないように胃の中にミルクを流し込んでいきました。 これは昼夜問わず行われましたが、彼女はブロンソンが生きるために全力を尽くしてお世話をしていったおかげもあり、ブロンソンはすくすくと成長していきました。 成長していくブロンソンを見ると「障がいがあるからといって安楽死を安易に選択するべきではない」というのを教えられます。 ■生きることの喜びと楽しさを知ったブロンソン その後すくすくと成長したブロンソンはKaffekalleさんと買い物に行ったり、プールで遊んだり、先住犬の2匹の犬とも遊べるようになっていました。 時には熱を出して心配されたこともありましたが、ブロンソンは思っていた以上に健康体だったようで、事なきを得ました。 もしあの時、飼い主に言われるがまま安楽死をさせてしまっていたら、こんなに元気に走り回るブロンソンの姿はなかったでしょう。 そして無事に1歳の誕生日を迎えられたブロンソンはいよいよ口蓋裂の手術が受けられるほどに成長しました。 手術当日…手術台に横たわったブロンソンの傍には心配そうに見守るKaffekalleさんの姿がありました。 この手術は裂け目を縫合するものですが、術後に縫い目が裂開する危険性もあったので手術が終わっても1週間は気が抜けない状態でした。 ですが手術は無事に成功!さらに山場と言われている1週間も問題なく過ごすことができ、ブロンソンはどんどん回復していったのです。 口蓋裂の傷が治ったブロンソンはおもちゃを噛んで遊ぶようになったのだそうです! これもここまで一生懸命育ててくれたkaffekalleさんとブロンソンの生きたいという思いが引き寄せた結果なのでしょう。 愛犬に重い病気や障がいがあると、毎日が不安や心配だらけの日々を送ることになるかもしれません。 けれどもそれ以上に愛犬から与えられる癒しや喜びは大きいものだと思います。 ブロンソンはこれからもkaffekalleさんと一緒に楽しく幸せな毎日を過ごしていくことでしょう!本当に良かったですね。

衝撃

【驚愕】母が突然気を失った・・・!?その理由は○○に会ったからだった!

1: ファニーちゃん 憧れの人を目の前にした母親の反応がすごかった! a 皆さんには憧れの人というのはいらっしゃいますか? そしてその憧れの人がもし目の前に現れたら…きっと少なからず興奮してしまうという方も多いと思います。 今回アメリカのオハイオ州に住んでいるキム・メステラーさんは、80〜90年代に大人気だった「ニューキッズオンザブロック」(NKOTB)に憧れを抱いていました。 そんなある日、キムさんはNKOTBのライブに行った時の様子が話題となりました。 今回開催されたNKOTBのライブで、メンバーの1人が客席に向かって手を差し伸べる場面がありました。 たまたま近くにいたキムさんはチャンスだと思い、必死に手を伸ばします。 すると、なんとキムさんは幸運にも握手をすることに成功し、しかもその瞬間を写真に撮ることができました。 My mom and her bff went to a concert and I got these pics shortly after the concert started???????? pic.twitter.com/ZnrhvF0tWf— Kennedy kocheran (@kennedy_k19) July 16, 2017 メンバーと握手をした瞬間、我を忘れて大はしゃぎするキムさんの姿はまるで少女のようです。 ちなみにこの写真を撮影したのはキムさんの娘さんで、その様子をTwitterに公開すると様々なコメントが寄せられました。 「わかる!こうなるよね!あなたのお母様はとってもラッキーね」 「私のこの会場にいたわ!他のメンバーと写真を撮ることができた時は、あなたのお母さんと同じくらい興奮したわ」 「あなたのお母さんとってもキュート!好きな人を目の前にすると皆少女に戻るのかしら」 と様々なコメントが寄せられていました。 さらにこのエピソードには続きがありました。 なんとこのツイートがNKOTBまで届いたそうで、公式アカウントを通じてコメントが寄せられたのです! Tell your mom it was lovely to see her!!!— New…

動物

【賞賛】自分の生活よりも野良猫を助けたい・・・!稼いだお金のほとんどを野良猫の為に使うホームレスの男性

1: ファニーちゃん ライムを売っているホームレス タイに住むワランヤさんは、ある日1人のホームレスの男性と出会いました。 ワランヤさんは今回、この男性から「人を見かけで判断してはいけない」ということを改めて教えられたようです。 ワランヤさんは、そのホームレスの男性についてFacebookにも投稿して紹介をしていました。 こちらの猫を抱っこした男性が、今回ワランヤさんが出会ったホームレスの男性です。 このホームレスの男性のはルーン・ダムさんといい、彼は無料で貰ったライムを売ってお金を稼ぐ生活をしていました。 しかし彼はここで手に入ったお金を、あることに使っていることが明らかになりました。 そのお金の使い道に世界中の人々から賞賛の声が寄せられました。 ■ダムさんは自分の生活よりも野良猫を助けることばかり考えていた ルーンさんはライムを売って、そこで稼いだお金で必要最低限の食べ物と水を購入した後、残ったお金はなんと野良猫のために使っていたのです。 ルーンさんは【ライム1袋20バーツ(約64円)。売り上げは野良猫の餌代に使っていきます】と看板を掲げて毎日ライムを売っていました。 その表情は笑顔で、やりがいを感じているようにも見えますね。 そしてルーンさんは看板に書いてあったように、売上のほとんどを野良猫の餌代に使っていました。 タイでは20バーツあれば水2Lやパンなど買うことができますが、ルーンさんは必要最低限のものを買った後は迷うことなくキャットフードを買っていました。 ルーンさんは「私の場合は朝食や夕飯を食べなくても生きていけますが、猫は毎日餌を必要としています。だから私はキャットフードを買っています」と語っていました。 その姿を見たワランヤさんは、ルーンさんの活動に感動し、Facebookで彼の活動を紹介しました。 するとその投稿はどんどんシェアされていき、なんとルーンさんを支援したいという人も現れ始めました。 ある日、ルーンさんの活動を支援したいという方達は、ルーンさんにキャットフードをプレゼントしました。 キャットフードをプレゼントされたルーンさんも大喜びだったようです! また他にもルーンさんの髪を切ってあげたり、洋服をプレゼントしてくれる方もいたようです。 しかし周りからの支援があってもルーンさんは野良猫のために毎日ライムを売り続けています。 ワランヤさんは今回の件を通し、「外見で人の内面を知ることなんてできないんだ」というのを改めて教えてもらったのだそうです。 ワランヤさんは「外見はそんなに重要というわけではなく、人の価値というのはその日にどれくらい良いことをしたのかで決まるのだ」と語っていました。 ルーンさんはこれからも野良猫達のためにライムを売り続け、困っている猫達のヒーローになってくれることでしょう!

感動

【面白】ネクタイが結べなくて困っている1人の青年…その時近くにいた女性が取った行動が!?

1: ファニーちゃん ネクタイが結べずに困っている青年に1人の女性が… a 仕事や学校に行く人、遊びに行く人が多く利用する電車…。 その電車には様々な光景が見られます。 今回そんな電車の車内で目撃された光景は、とても心温まるものだと話題になりました。 それが目撃されたのはアメリカのサンフランシスコで、ある青年が電車に乗っていた時のこと。 その青年はこれから大切な用事があるのか、スーツを着ていたのですが、ネクタイがなかなか締められずに困っていました。 するとその時、近くに乗っていた女性が声をかけ、その後… なんとその青年のネクタイを締めてあげたのです。 その間の青年は照れ臭そうな表情をしており、何だかほっこりとしてしまう光景となりました。 この写真が投稿されたのは海外の掲示板であるRedditで、「世の中捨てたものじゃない!」と賞賛の声が寄せられました。 「彼はこの後デートに行くのかな?素敵な女性に出会って良かったね」 「照れ臭そうにしている青年が可愛い!」 「こういう光景を見ると心が温まるね…困ってる人がいたら助けるというのは当たり前のことで大切なことなんだ」 実際にこの青年が慣れないネクタイをつけようとしていたのかという理由はわかりません。 ですがそれだけ大切な用事があったのでしょう。 なんとも心温まるやり取りでしたね!